スポンサーリンク




2012年02月13日

缶の中身が違法な薬物だったなんて・・・

裁判員初の全面無罪判決確定へ 最高裁が二審の有罪破棄
http://www.asahi.com/national/update/0213/TKY201202130203.html

 一審の裁判員裁判で初めて全面無罪判決を受けながら、裁判官だけで審理する控訴審で逆転有罪とされた覚醒剤密輸事件の被告の上告審で、最高裁第一小法廷(金築誠志裁判長)は13日、二審・東京高裁判決を破棄し、無罪とした一審・千葉地裁判決を支持する判決を言い渡した。被告の無罪が確定する。


うわ、これは波紋を呼びそうだ。

一審では裁判員裁判で全面無罪。
その後、裁判官だけで審理する控訴審で逆転有罪。
高裁判決は懲役10年、罰金600万円。

最高裁で高裁判決を破棄。つまり、無罪が確定した。

無罪と懲役10年じゃ全く違う。


覚醒剤約1キロをチョコレート缶に隠して成田空港に持ち込んだとして起訴された会社役員・安西喜久夫被告(61)の事件。
「缶は土産として預かっただけ」と主張し、缶の中身が違法な薬物だと認識していたかが争点となった。

真実は一つ。
posted by macky at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク