スポンサーリンク




2020年10月13日

タスク管理にDoit.im

Doit」というサイトがある。

タスク管理でけっこう前に使っていたが、最近また使い始めたのでしばらく使ってみて使い方などをまとめてみた。



・「すぐやる」は順番を入れ替えられる。

・タグ検索だと、2種類以上組み合わせられる!(「Ctrl」キーを使う)

・すぐに達成できない複雑なものを「プロジェクト」化する。段階を踏んで一つずつこなしていく。

・タグを書き換えるときは、先に不要なタグを設定から削除しておく。
(設定からタグを削除してもタスクの方には残るので、×ボタンを押して不要なタグを削除してから新しいのを追加する。)

・目標は動かせないけど、プロジェクトは動かせる。(「▼プロジェクト」を選んで右クリックすれば「目標」という項目がある。ドラッグでも、目標の中に入れられる)
目標からタスクを完了しようとすると、「プロジェクトにタスクがあるため削除できません」となる。
プロジェクトのタスクを全て完了させると、目標達成ということで「目標」からも消える。

目標の中に入れるプロジェクトは、「関連のあるもの」という意味じゃなくて、目標を達成するためには中にあるプロジェクトを全て完了させないといけないという意味。プロジェクトは絞って使う!! 大きく使うときはタブで。
あれもこれもと一つのプロジェクトに入れるのはよくない。

・タスクにクリックで入って、左にある時計にマウスを合わせると、入力した日時が表示される!
(すきまダブルクリックで入る編集画面だと表示されない)

・今日に入れると開始日が記録されるので、作業が続いているときはなるべくそこから出さないようにする。

・読書のタスクには「本を全て読むのが目的ではなく、テーマに沿うことが重要。目的を達成するために本から知識を得る。」という文を入れるようにする。

・サブタスクはそのままコピーも出来る。プロジェクトに転化すると、サブタスクはそのまま「次の行動」に移る。便利!

・「プロジェクト」を「目標」に変更はたぶんできない。

・旗は重要度。色が変わり、並び替えられる。(「高」は必ずやる必要があるもの、「低」はやらなくてもいいもの)。緊急度は稲妻で。

・1つのタスクに付けられるタグは5つまでのようだ。この縛りはちょっと不便か。

・プロジェクトの中にも「五大事業」を入れてるが、そこからさらに絞ってプロジェクト化していく。つまり、プロジェクトの中の「五大事業」はその他のものばかりが残るしくみ。

・「Lib本」はコンテキストに入れると分かりやすい。

・プロジェクトは、タグは付けられないが、コンテキストは設定できる。

・スキマをダブルクリックで編集できる。(右クリック+「編集」。クリック+「E」と同じ)

・タスクをクリックで、「サブタスク」を追加したり、コメントを確認したりできる。(コメントは、マウスを持っていくだけでも読める)


・Doitにしたら、
今までタスクを探すのも大変だったけど、
検索で一発で出てくるのが気持ちいい。

・iPhoneのアプリもある。無料版の場合、同期は24時間に一度。手動でも可。
 Doit がWebでスマホからも見れた。(こっちを使えば1日1回じゃない))

・「すぐやる」を上から順にこなしていき(順番を入れ替えられる)、
「今日の他」はプロジェクト単位で動かす。(プロジェクトで最優先事項と言う意味で)
弾みをつけて、プロジェクトを一気に動かしたり。
そういう意味では、「今日の他」は全てやろうとしなくてもいい。
今日中にやってしまいたいことは、「すぐやる」に入れておく。
バーチカルで枠を確保しておけばスムーズだ。

・サブタスクが使えるのは有料会員のみ。コメントで代用しよう。他にも制限があるかもしれない。しばらくは様子を見ながら使おう。試しに「新規目標」を作ろうとしたらダメだった。(「新規プロジェクト」は作れる)


 

■関連記事
ライフハックプレス Vol.2
http://makumaku-reading.seesaa.net/article/314219647.html

 
posted by macky at 21:34 | Comment(0) | PCを使おう! | edit
2020年03月23日

REGZA DBR-T450の裏技 その16 【不満点や好きな点など】

東芝のレコーダーREGZA DBR-T450


5年間の長期保証が過ぎた直後にBDのイジェクトボタンが壊れて反応しなくなった。(フリクションボールの頭で強く押すと反応した)


そろそろ買い替え時かな。


不満点を書いて、新しいレコーダー選びの参考にしよう。





DBR-T450
不満点
・予約開始のメッセージが邪魔。(「予約が始まります」が邪魔。巻き戻して集中して見てるときに多い。)
・リモコンを押したときの反応が遅い。
・フォルダごとの録画時間が見えない。
・前の番組が少し残る。
・日本語変換がおバカ。
・1回限りの予約以外は予約修正できないところ。
・録画中にプレイリストが作れない。
・早送りボタンを押した時に、2秒くらい画面が一度止まる。
(正確に言うと、早送りした時に、1秒70、再生ボタンを押した時に2秒70止まる。これもイラッとする)
・変換中に電源がONになり、変換が止まることが多い。
・本体でWレコ中に再生すると、本体の変換がDRモードになってしまう。(Wレコが始まる前から再生してたら回避できるけど面倒)
・録画時間が少ない時に限って、本体の変換がDRモードになってしまい、ますます少なくなる。(お金が無くて少しでも節約したい時に限って贅沢三昧してしまうイメージ)
・リモコンが開けにくい。(カードを2,3枚使わないといけない)
・CMカットの精度が悪い。(必要なものが削られたり、余計なCMが残ってたりするので、BD化する前に一度全体を確認する必要がある)
・特に残るCMはハローチューリッヒとアイフルとアコム。
・編集するときに、ここだと思って一時停止ボタンを押しても数秒ずれる。そのため、音声が途切れる。(10回コマ送りボタンで戻すといい感じになるが、うまくいかないときはなんどもやり直す羽目になり、正直時間の無駄)
・早送りすると、タイムバーが邪魔で字幕が見えない。もっと下にしたらいいのに、ちょうど字幕と重なる。
・フォルダの並べ替えをすると予約フォルダが変わることがある。(バグ)
・ブルーレイの受け皿が甘く、BDをうまく乗せるのが難しい。(毎回、懐中電灯で照らして、きっちりはまってるかどうか確認しなければならない)
・録画中はタイトルも変えられないのであとで変えようとして忘れてしまい面倒なことになることが多い。
・外付けハードディスクを使っているが、新しいレコーダーを買っても移せない。(本体同士をつなげば移せるらしいので壊れる前に新しいレコーダーを買う必要がある。移すのも面倒なので新しいレコーダーを買う前にできるだけBD化など整理しておきたい)



好きな点
・番組の時間が変更されても自動で修正してくれる。
・3番組録れるのはやっぱり便利。
・CMをカットして1.5倍速で見ると、1時間番組を30分で見れる。





ついでに、いろいろなルールが多いのでまとめてみました。
(いつも忘れてしまう)

・おまかせプレイをしているときはチャプターを切れない。
スローやコマ送りでここというポイントを探してチャプターを切ったらできないってことがよくある。おまかせプレイを解除し忘れてたのだ。ほんとこれが多い。こういうルールは撤廃してほしい。


・録画中はプレイリストが作れない。つまり編集ができない。
これも地味につらいルール。
チャプターを切ってあとはプレイリスト作るところまで行って
できない。で、あとからやろうとするとどこを保存するつもりか忘れるのです。


・予約開始の時に、デカデカと録画を開始しましたの文字が出て邪魔。
注目してTV画面を見ているときに限って出てくる。

たいてい、もう一回見ようと思って巻き戻したときに来るのはなんで?


・単発の予約以外は予約修正ができない。(毎週の予約など)
予約を修正したいときは、一度削除して予約し直さないといけない。面倒。


・本体で2番組以上録画しているときに再生するとDRモードになってしまう。
このルールがあるため、うっかり再生できない。
(もともとUSBだと最初からDRなので気にしなくていいかも。やっぱり本体をメインで録ろう。そのためにも本体で100h以上は確保しておきたい)
(2番組重なるタイミングの前から再生していたら大丈夫のようだ)
(プレビューが見れたら大丈夫な感じ)


・録画中の追いかけ再生中はチャプターが切れない。
これもユーザーに厳しいルール。
後から編集しようと思うと余計な時間がかかる。


・移動中もチャプターが切れない。削除もできない。



・移動中だと見れない。(移動元の媒体からは見れない)
ダビング中に、見ようと思ったら見れなかったりするので面倒。
本体からUSBだけでなく、本体からディスクでも移動の場合はダメ。(コピー回数が1回しか残ってないものなど)


・番組表から録画だといいけど、
現在のチャンネルを録画だと電源切れない。


・録画中は、ディスクからのダビング(移動)ができない。

・ダビング中は削除ができない。これも面倒なルール。

・BD-REなどに一度にダビングできるのは36件まで。
2回以上に分ければいいけどあとちょっとで全部入るのにってときは面倒。



・本体の録画で空き残量が4.3倍ない時は、途中でDR変換中になってしまう。
つまり、最低でも4.3倍は必要。
ALモードで録れてるからといって安心してはいけない!
(これいっつも安心してしまってだまされるんだよな)
3.3倍かと思ってたら、3.3倍は録画が途中で切れる目安だ。

・最長で8hぶっ通しで録れる。

・本体で2番組同時で録画しているときは、再生した瞬間DRモードになってしまう。

・変換するためには、10分20秒、最低でも必要。

・チャプターのリピートは、1.3倍速ならそのままリピートされる。(1.5倍速の時は等倍速に戻る)


・追っかけ再生をしてもチャプター分割できない。このルールがあるから、追いかけ再生はしにくい。わざわざ番組が終わるのを待って観始めないといけない。

・早送りボタンを押すと、音声が2秒くらい途切れるので、「早送り」→「10秒巻き戻し」→「早送り」→「戻る」を押さないといけない。


 


レコーダー開発のヒントにでもなれば幸いです。


 
タグ:REGZA DBR-T450
posted by macky at 19:42 | Comment(0) | REGZA DBR-T450 | edit
2020年03月08日

REGZA DBR-T450の裏技 その15 【バーが邪魔な時は?】

東芝REGZA DBR-T450

早送りすると下にバーが出て邪魔。


「戻る」ボタンを押せば消えるんだけど、
時々、空振りする。


そこで、「戻る」ボタン2度押しの技。



「戻る」ボタンを押しすぎて、文字が消えかかってます。
タグ:DBR-T450 REGZA
posted by macky at 00:50 | Comment(0) | REGZA DBR-T450 | edit
2019年07月27日

REGZA DBR-T450の裏技 その14 【録画中は変換できない】

東芝REGZA DBR-T450


 ・変換は中断したらまた最初から。(途中で電源オンにしたり予約が始まるとまた最初から)
これを知らなくて(サポセンの人もほとんど知らない)どんどん変換中が溜まって大変だった。

 ・USBと一緒に録画してもDRは回避されない。(HDDが2番組以上録画中に再生してはいけない。HDD録画はなるべく重ねない) 

→裏ワザとして、Wレコになる前から録画済みの番組を再生していたら回避できる。


 ・ダビング中も再生したり録画したりできる。


・DBR「内蔵代理録画」になる件が解決した(タイトルは2000件まで)

・DBR、漢字変換候補。決定ボタンの上で戻せる。(上下ボタンで次の変換候補へ)



いろいろなルールがあって、覚えるのが大変だ。


でも、これらをすべて覚えておかないと、

「あれ? 変換できてない。なんで?」となる。
タグ:REGZA DBR-T450
posted by macky at 23:14 | Comment(0) | REGZA DBR-T450 | edit
2017年10月08日

スッキリ!に水卜アナ加入

スッキリ!に水卜アナが加入した。

ちょっと楽しみが増えた。


ハリセンボンの近藤春菜さんはあいかわらずだけど。





■関連記事
160329 「スッキリ! リニューアル

160405 「スッキリ! リニューアルでそろそろ潮時か。

160718 「スッキリの近藤春菜いつまで続く?

 
タグ:スッキリ!
posted by macky at 02:04 | Comment(0) | TV・CMの感想 | edit
スポンサーリンク